妊娠の判定|西武新宿線花小金井駅の産科 婦人科 産婦人科 花小金井レディースクリニック 不妊・不育相談 妊婦健診 子宮がん検診 小平市 田無 東久留米


西武新宿線花小金井駅から徒歩3分の産科・婦人科 花小金井レディースクリニック 不妊・不育相談 妊婦健診 小平市 田無 東久留米

月・火・木・金は8:30~12:00、14:30~18:00|土曜は8:30~13:00|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号042-497-5218

花小金井レディースクリニックは予約制となっております(当日予約も可能です)

妊婦の診断

妊婦初診(妊娠週数:2~8週)

月経の予定日を過ぎても月経が来ない場合には、市販の妊娠検査薬を使用して、妊娠しているか確認してみましょう。

もちろん当クリニックで確認することも可能です。陽性反応が出た場合には、ぜひ受診して下さい。受診する時期は、月経の予定日から1~2週間ほど経過した頃を、お勧めします。

この時期になると(妊娠5~6週)、赤ちゃんが入っている袋が超音波で見えてきますので(胎のう)、それがどこにあるのか確認します。

子宮の中に認める場合は正常な妊娠ですが、
認めない場合は、異所性妊娠といわれる異常な妊娠状態である可能性があり、治療を要することもあります。

*妊娠の診断は自費診療になります。初診では6,000円ほどかかりますので、ご了承下さい。

妊婦初期(妊娠週数:9~12週)

超音波で胎のうを確認した後は、2週間ほどで心拍(赤ちゃんの心臓が動いていること)を確認できるようになります(妊娠6~7週)。

赤ちゃんの心拍が見えない週数での流産率は、一般的に16%前後とされていますが、赤ちゃんの心拍が見えた後の週数での流産率は、
約2~3%と大幅に低下するため、安心するとともに、今後開始される妊婦健診に一定の目途が付きます。

心拍の確認からさらに2週間ほどすると、赤ちゃんの体全体がハッキリと分かるようになるため、この時期に、最終月経の開始日と超音波での赤ちゃんの大きさから、妊娠週数と出産予定日の決定が行われます。

分娩先の施設を決めましょう

当院では、妊娠33~34週まで妊婦健診を行いますが、現在のところ分娩は行っていないため、分娩予定日が決まったら分娩先を探し始めることをお勧めします。当クリニックの妊婦健診についてはこちらをご覧ください。

近年、日本では分娩可能な施設が減少しており、分娩予約がすぐに一杯になってしまうこともあるため、妊娠12週までには決めた方が良いと思われます。

分娩の予約をするために分娩施設を受診する際には、紹介状が必要となる場合が多いです。

受診される前に当クリニックで紹介状を作成してお渡ししますので、施設名も含めて事前にお申し出下さい。
当日に作成してお渡しすることは難しいため、紹介状の希望をお申し出る場合には、前日までに必要な旨をお申し出下さい。

このページの先頭へ戻る